読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akkomon's blog

絵描き、アッコモンのにっきです

オーダーバッグとかとか

携帯電話をはじめ、いろんなコミュニティツールから抜けちゃったわたしに、
「あっこさんとの連絡手段がどんどんなくなっていく!」と言われておもわず笑ってしまいました。
大丈夫。縁がある人とはどんなに離れたってつながっているもんね。


アッコモンストアから久々の宣伝。
種類がどんどん増えていく、アッコモンストアバッグ。
時々、特注の注文をうけてプレゼントに名前入りや、ならいごとのバッグなども制作していました。
作家さんと相談してこんなかんじで受け付けてみる事にしましたー!

と、いうわけでご要望におおじていろんなバッグが出来ます。
あ、でも似顔絵とかはわたしのデザインだとびっくりするくらい似ないので受け付けできません(笑)
絵の種類によっても値段がかわってくるので、まずはお気軽にご相談をー!


先日の日曜日は雪の予報だったのもあり、
アッコモンストアもお休みしてましたー
本を読んだり。手紙を書いたり。絵のことを考えたり。

フランス流はじめての名画の見方

フランス流はじめての名画の見方

  • 作者: フランソワーズ・バルブ・ガル,栗原千恵
  • 出版社/メーカー: パイインターナショナル
  • 発売日: 2010/06/09
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
この本はフランスの子供たちに向けて「どうやって子どもに絵画の見方を教えるか」書いてある本です。
日本人から見ると、大人向けの西洋絵画入門書として読めるかんじ。
でも、すごく丁寧に歴史的背景も。
こどもたちから見たらどんな風に見えるかもいろいろ書いてあって、
あぁなるほどなぁ。と、おもわずうなずいてしまいます。
特に西洋絵画って宗教画が多いから、こどもたちに説明するのってむずかしいけれど、
おもしろく見るポイントを教えてあげられるようになりそう。
レイアウトもすごくキレイで読みやすいし、じっくり読めちゃう本です。


齋藤孝のざっくり!美術史

齋藤孝のざっくり!美術史

こちらも「どうやって子どもに絵画の見方を教えるか」の本。おもしろい。
「へんだよ!」「へただよー」ってこどもたちに言われちゃう絵も、
どうやって説明したらいいのかやさしい言葉で書いてる感じ。
あたらしい視点が増えた感じがします。
あぁ、でも絵の写真とか画像がもう少し載ってたらもっとわかりやすいんだけどなぁ。


またもやこんな時間!
火曜日の教室がもうすこしではじまります。どきどき。わくわく。