読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akkomon's blog

絵描き、アッコモンのにっきです

表彰式に出席のまき

今日は、どきどき。
北海道新聞さんのぬりえ大会の表彰式!
今日は教室もありましたが、途中30分くらいぬけて
表彰式に自転車でビュンビュン向かいました(笑)


表彰式はちょっと緊張の雰囲気でした。
初めての、お祝いする側の席!
はずかしいのもありつつ、
私は、受賞者のみなさんの顔を見られたり、
改めて感激したりして、終始うれしかったです。


講評、ということでちょっと私が喋る時間があったのですが、
いやはやもぅなんか喋りたい事半分くらいしか言えなかった。
きっと、あわあわ喋っていたでしょう。。。
今日の講評の時にも喋ったことそのままなのですが、
今回のぬりえは本当に私の絵そのままで。
アーティストのクセのある絵です。
しかも、もんのすごい細かいぬりえということで、
最初は、皆さんの反応がどうなるかちょっと心配でした。


でも、結果嬉しい事に、1100通以上の応募があり、
たっくさんの方が細かいぬりえに果敢に挑戦してくださいました。
特に、大人の部は人が80人以上ビッチリ描かれている絵。(笑)

この細かさに挑戦してるだけあって、
みなさんのこのぬりえに対する情熱がすごく伝わりました。
いろんな画材を使ったり、絵を描き込んだり。
いろんな工夫がしてあったりして、すごかった!


今回のぬりえ大会で、やったー!って喜んでる方も、
反対に、一生懸命やったのにー!
と、落ち込んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
でも、これはうまい、下手じゃないんです。
はっきり言って、私たち審査側の好みです。


ぬりえなんだから、アイディア勝負じゃなくって、
ちゃんと色を塗ることで勝負しないとー!
って思う方もいらっしゃるでしょう。
でも、今回、私は原画にない描き込みが
いっぱいしてある作品でも、結構感激しちゃいました。
せっかく普通のぬりえじゃないんだから!とも思いつつ、
色をがっちり頑張ってぬっている作品にも感激しました。
その中で受賞者の方々の作品は、特に私が感激した作品なわけです。


グランプリの賞品の原画も、無事お渡し出来ました。
うれしい瞬間。幸せなかたち。



そしてそして!!
受賞者の方々と、佳作の方々のみになっちゃいますが・・・
フィールさんで、明日まで!展示が行われています。


あ、あと新聞に今日に引き続き、明日ものるかもしれません。
ひゃほー!